自動車などを運転するときには、なるべく事故を起こさないように注意をして走らなくてはなりません。事故を起こした時には、自分の車などが傷つくのは当然のことながら、最悪の場合には自分の命さえも危険にしてしまうものです。また、自分以外にも相手がある場合には、その相手の車などを傷つけたりけがをさせてしまうというような可能性も十分にありますので、そうしたことがないようになるべく安全に走るということを頭に入れておく必要があるわけなのです。
そうした事故でよくあるのが二輪車に対する事故です。

 
これは、たとえば交差点などで右折をしようとしているときに、二輪車が見えたのだけれど遠くにあるからということで曲がろうとすると考えていたよりも近くてぶつかってしまうというようなパターンです。

 
特に、夜や雨の時などに多いタイプの事故なのです。

 
なぜそのような事故が起こるかというと、やはり目視による錯覚が原因といえるのではないでしょうか。目視というのは必ず行わなければならないものですが、しかし、かといって錯覚を起こしやすいもので、特にバイクのようなものですと、それは小さいがためについつい実際よりも遠くにいると錯覚をしがちなのです。
そうした事故を起こさないように注意をしましょう。