自動車を安全に運転するためにはスピードを出しすぎずに常に安全な速度で、走ることが重要となって来ます。

 
そのため、速度が出やすいところほど気をつけて走る必要があるのですが、速度が出やすいところというのは下り坂などをイメージする人が多いのではないでしょうか。
当然、同じアクセルの踏み込み量であれば、上りよりも下りのほうが速度が出やすい状況になっているので多くの人は下りで速度を出し過ぎないように気をつけるものですから、意外に下り坂での速度超過というものは少ないものです。

 

 

しかし、速度超過が起きやすいのが上り坂だと知ると多くの人が驚くことでしょう。

 
なぜ、上りで速度超過になりやすいのかといえば幾つか理由がありますが、その一つに目の錯覚があげられます。
上りの場合、周りの風景の変化が少なくなるためにそれまでと同じ速度で走っていても、速度が落ちたような感覚を覚えます。
そのため、実際には速度が落ちていないにもかかわらず、体感速度が落ちていることでアクセルを踏み込み速度超過をしてしまうのです。
また、上りはアクセルを踏み込まないと車は前に進まないため、普段よりもアクセルを踏み込み過ぎて速度を超過してしまうということもあります。

pet05_l