pet03_l自動車の運転をしているときには、まずは事故を起こさないというようなことを考えながら走るようにしましょう。

 
特に免許を取って数年たったような走るのに慣れてきたころには事故を起こしやすくなっていますので、より一層の注意が必要となってきているのです。
特に、こうした自動車での走行中に事故を起こしやすい個所がトンネルだといわれています。このトンネルというのは、やはり閉鎖的な空間であり、周りは壁だらけでしかも、暗いということでどうしても事故を起こしやすい場所になっているわけなのです。

 
このような場所でよく起こるのが蒸発現象と呼ばれるものです。

 
これはこちらの車のライトと対向車とのライトがぶつかり合ったために、その中間煮る存在が見えなくなってしまうというようなものです。このようにライトとライトに溶け込みをしてしまうので、そこに存在しているものが存在をしていないと錯覚をしてしまうものです。
そのために前方を走っている自動車が見えなくなってしまい、ついついスピードを出しすぎてしまって、後ろからブルカるというようなこともあるのです。
そのような事故を避けるためにもこの蒸発現象というのがあるということを覚えておくようにしたいですね。