危険なものほど吸い寄せられちゃう?

| 未分類 |

自動車を運転する際には、ドライバーは常に周囲に気を配り、注意を払っています。そのために、人間の感覚である視覚や聴覚を使っているのですが、その中でも大きな役割を果たしているのは視覚です。けれども、人間の目と言うのは、自動車が走るような速度で長時間走行することに適応してはいません。せいぜいが人間が自分の足で走る速度程度までしか適応していないのです。そのため、長い時間休憩せずにドライブをしていると、目に疲労が溜まって大きなトラブルとなることもあります。そのようなトラブルの一つに、視覚吸引作用があります。

 

pet06_l
視覚吸引作用とは、人が危険を感じるものを見つけると、無意識のうちにその対象に視線が集中してしまう作用です。ある対象にのみ視線が集中してしまうために、周囲が見えなくなってしまい、ドライバーにとっては危険な状況となるのですが、さらに問題なのは、そのような危険を感じるものに視線が集中すると、無意識のうちにそこに近づいてしまうのです。人間の視覚は、五感の中でも最も情報量が多く、人間の脳が最も頼りにしている感覚であるために、人の意識と深く結びついているので、危ないと思っていても、更に近づいてしまうのです。このようなことが起こらないように、危険を感じるものを見つけた時こそ、意識的に周囲に視線を配ることが大切です。