運転をしていて、ちょっと怖いなと感じることは誰にでもあるのではないでしょうか。も少しで事故を起こしてしまうというような危険を感じることは誰でもいつでもありますので、気を付けて走らせるようにしなければなりません。そうしたヒヤリとする経験の中で多いのがトンネルの中です。

 
トンネルというのは、やはり暗いためにどうしても危険な体験をするということが多い場所となっているのです。
たとえばトンネルを走行中に、相手の車が幅寄せをしたと感じてしまって、ぶつかってしまうと感じてしまったことはないでしょうか。
ですが、実際には相手は幅寄せなどはしていなくてまっすぐ走行していたというようなことがあるのです。

 
これはなぜ起こるのかというと、まずはそのトンネルの中の正銘の具合が外よりも暗いというようなことで見えにくくなっているということと、トンネル内部は周囲が壁になっていますので、そのせいで通常よりも空間が狭くなったと錯覚をしてしまうのです。

 

そのために相手の車と自分の車との間が通常よりも狭まっているというような錯覚を覚えてしまうのです。

 
そのために普通よりも接近をされたと感じてしまうものですので、注意をして覚えておくと良いですね。