» 未分類のブログ記事

自動車などを運転するときには、なるべく事故を起こさないように注意をして走らなくてはなりません。事故を起こした時には、自分の車などが傷つくのは当然のことながら、最悪の場合には自分の命さえも危険にしてしまうものです。また、自分以外にも相手がある場合には、その相手の車などを傷つけたりけがをさせてしまうというような可能性も十分にありますので、そうしたことがないようになるべく安全に走るということを頭に入れておく必要があるわけなのです。
そうした事故でよくあるのが二輪車に対する事故です。

 
これは、たとえば交差点などで右折をしようとしているときに、二輪車が見えたのだけれど遠くにあるからということで曲がろうとすると考えていたよりも近くてぶつかってしまうというようなパターンです。

 
特に、夜や雨の時などに多いタイプの事故なのです。

 
なぜそのような事故が起こるかというと、やはり目視による錯覚が原因といえるのではないでしょうか。目視というのは必ず行わなければならないものですが、しかし、かといって錯覚を起こしやすいもので、特にバイクのようなものですと、それは小さいがためについつい実際よりも遠くにいると錯覚をしがちなのです。
そうした事故を起こさないように注意をしましょう。

危険なものほど吸い寄せられちゃう?

| 未分類 |

自動車を運転する際には、ドライバーは常に周囲に気を配り、注意を払っています。そのために、人間の感覚である視覚や聴覚を使っているのですが、その中でも大きな役割を果たしているのは視覚です。けれども、人間の目と言うのは、自動車が走るような速度で長時間走行することに適応してはいません。せいぜいが人間が自分の足で走る速度程度までしか適応していないのです。そのため、長い時間休憩せずにドライブをしていると、目に疲労が溜まって大きなトラブルとなることもあります。そのようなトラブルの一つに、視覚吸引作用があります。

 

pet06_l
視覚吸引作用とは、人が危険を感じるものを見つけると、無意識のうちにその対象に視線が集中してしまう作用です。ある対象にのみ視線が集中してしまうために、周囲が見えなくなってしまい、ドライバーにとっては危険な状況となるのですが、さらに問題なのは、そのような危険を感じるものに視線が集中すると、無意識のうちにそこに近づいてしまうのです。人間の視覚は、五感の中でも最も情報量が多く、人間の脳が最も頼りにしている感覚であるために、人の意識と深く結びついているので、危ないと思っていても、更に近づいてしまうのです。このようなことが起こらないように、危険を感じるものを見つけた時こそ、意識的に周囲に視線を配ることが大切です。

交通事故の原因には様々なものがありますが、やはりその中でも目立つ原因と言えばよそ見です。

 
ドライバーにとっては一瞬のつもりの何気ないよそ見であっても、時速50キロメートルで走行している場合、車は1秒で14メートルも進んでしまうので、少しの油断が大事故に繋がってしまうケースがあります。

 
このように、車を利用する際にはよそ見は絶対に避けなければならない危険極まりない行為ですが、ちゃんと前を見ているにも関わらず追突しそうになってしまった、というケースもあるので注意が必要です。

 
ちゃんと見ているにも関わらず、事故を起こしそうになってしまう大きな原因のひとつとして挙げられるのが、考え事です。
他のことを考えるという行為は非常に集中力を奪われてしまうもので、そのことばかりに意識が向いてしまうと、ただ前を向いているだけで実質何も見ていないのと同様の状態になってしまいます。

 
更に、一瞬のことが多いよそ見と異なり、考え事の場合は時間が長いことも多い為、よそ見よりも遥かに危険な状態であることも珍しくありません。
車を運転する際には、ただ単に前方を見るだけでなく、しっかりと意識も周囲の安全確認に集中するように心がけましょう。

自動車を安全に運転するためにはスピードを出しすぎずに常に安全な速度で、走ることが重要となって来ます。

 
そのため、速度が出やすいところほど気をつけて走る必要があるのですが、速度が出やすいところというのは下り坂などをイメージする人が多いのではないでしょうか。
当然、同じアクセルの踏み込み量であれば、上りよりも下りのほうが速度が出やすい状況になっているので多くの人は下りで速度を出し過ぎないように気をつけるものですから、意外に下り坂での速度超過というものは少ないものです。

 

 

しかし、速度超過が起きやすいのが上り坂だと知ると多くの人が驚くことでしょう。

 
なぜ、上りで速度超過になりやすいのかといえば幾つか理由がありますが、その一つに目の錯覚があげられます。
上りの場合、周りの風景の変化が少なくなるためにそれまでと同じ速度で走っていても、速度が落ちたような感覚を覚えます。
そのため、実際には速度が落ちていないにもかかわらず、体感速度が落ちていることでアクセルを踏み込み速度超過をしてしまうのです。
また、上りはアクセルを踏み込まないと車は前に進まないため、普段よりもアクセルを踏み込み過ぎて速度を超過してしまうということもあります。

pet05_l

目の錯覚がもたらす危ない一瞬!

| 未分類 |

自動車運転中に目の錯覚がもたらす危険は様々で事故を引き起こす重大なことです。

 
日差しの強い日中や夜明け時に黄昏時などの薄暗い時にこのようなことが起ります。
これは脳で思い込むことによる現象で、人間が持つ五感の知覚に関係する諸器官に異常がないにもかかわらず、実際とは違った知覚が働き、そこにないものが見えたり、あるものが見えなかったり、突然現れたりする現象です。

pet04_l
分かりやすく言えば、車で走行している際に実際は、30キロや40キロの低速走行でも、対向車とすれ違う時に40キロであれば相手の速度と足したスピードとなり、さも自身の車両が高速で走行しているかの感覚となることがもっとも身近な現象で、夜の走行では周りの景色が見えなくなるため、同じ速度でも、耳から入る音の感覚である聴覚が際立つため、視覚情報と聴覚の情報に誤差が出て、夜には速度が速く感じることがあります。

 
また、高速道路のような道路で、壁に囲われて景色が高い位置しか見えない場合、中央分離帯で対向車とのすれ違いが分かり難く、同方向を走る車がどの車も高速であると、それほど高速に感じることがなく、気付いてみると120キロを超過していることがあります。

 
夜間の走行の際に対向車のライトとの間に人が入ることでおこる蒸発現象などもすべて目の錯覚が瞬間的に危険へと導きます。

運転をしていて、ちょっと怖いなと感じることは誰にでもあるのではないでしょうか。も少しで事故を起こしてしまうというような危険を感じることは誰でもいつでもありますので、気を付けて走らせるようにしなければなりません。そうしたヒヤリとする経験の中で多いのがトンネルの中です。

 
トンネルというのは、やはり暗いためにどうしても危険な体験をするということが多い場所となっているのです。
たとえばトンネルを走行中に、相手の車が幅寄せをしたと感じてしまって、ぶつかってしまうと感じてしまったことはないでしょうか。
ですが、実際には相手は幅寄せなどはしていなくてまっすぐ走行していたというようなことがあるのです。

 
これはなぜ起こるのかというと、まずはそのトンネルの中の正銘の具合が外よりも暗いというようなことで見えにくくなっているということと、トンネル内部は周囲が壁になっていますので、そのせいで通常よりも空間が狭くなったと錯覚をしてしまうのです。

 

そのために相手の車と自分の車との間が通常よりも狭まっているというような錯覚を覚えてしまうのです。

 
そのために普通よりも接近をされたと感じてしまうものですので、注意をして覚えておくと良いですね。

pet03_l自動車の運転をしているときには、まずは事故を起こさないというようなことを考えながら走るようにしましょう。

 
特に免許を取って数年たったような走るのに慣れてきたころには事故を起こしやすくなっていますので、より一層の注意が必要となってきているのです。
特に、こうした自動車での走行中に事故を起こしやすい個所がトンネルだといわれています。このトンネルというのは、やはり閉鎖的な空間であり、周りは壁だらけでしかも、暗いということでどうしても事故を起こしやすい場所になっているわけなのです。

 
このような場所でよく起こるのが蒸発現象と呼ばれるものです。

 
これはこちらの車のライトと対向車とのライトがぶつかり合ったために、その中間煮る存在が見えなくなってしまうというようなものです。このようにライトとライトに溶け込みをしてしまうので、そこに存在しているものが存在をしていないと錯覚をしてしまうものです。
そのために前方を走っている自動車が見えなくなってしまい、ついついスピードを出しすぎてしまって、後ろからブルカるというようなこともあるのです。
そのような事故を避けるためにもこの蒸発現象というのがあるということを覚えておくようにしたいですね。

pet02_l運転をしている時に気がついたら、いつの間にかスピードを上げすぎていたということはないでしょうか。
感覚的には常に同じ速度で走らせていたつもりが、いつの間にかかなりの速度になっていたということは良くあることです。
そして、これはトンネル等の暗いところで起こりやすい現象なのですが、なぜこのようなことになるのかというと、それは体感速度に関係してくる部分なのです。

 

車を走らせる時に速度を出し過ぎないことは重要ですから、常に速度計に気を配る必要があります。
しかし、速度計を確認することよりも前方を常に確認しておくことの方がもっと重要な事になるため、ある程度の速度になったら人は速度計に目を向けずに前方を見続けることになります。

 
この時に実際の速度と体感的に感じる速度に齟齬が発生すると、いつの間にか過剰に速度が出ているという状況になってしまうのです。
そのため、トンネル等の暗い場所というのは風景の変化があまり無いため、実際の速度と体感的な速度に齟齬が生まれやすいため、気づかない内に速度が落ちたような気になって、それを補うためにアクセルを踏み込んでしまうため、意図せずにいつの間にか速度超過が起こってしまうのです。

トンネルの中の不思議について

| 未分類 |

自動車というのはとても便利なもので、現代社会では絶対に必要なものの一つなのではないでしょうか。こうした自動車を運転するときには、特に言われているのが事故を起こさないように気を付けて走行をするということです。

 
事故を起こしてしまうと、取り返しのつかないというようなことになってしまう可能性もありますので、そうしたことがないように気を付けて走らなければならないのです。

 
そして特に注意が必要なのがトンネルの中で走行です。
トンネルというのは、暗くて狭い場所ですので、時々錯覚などを感じてしまうものなのです。特に昼間などのような光量の多いときに、突然暗い中に入ったというようなときには、目がその暗さになれなくて、しばらくはその暗闇の中でぼんやりとした視界を続けるというようなこととなってしまうのです。
そして、無意識的に光の強いような正銘の部分を中心に見てしまうというようなこととなってしまいます。

 
そのために、前方に対して不注意になってしまって、突然の対向車に対してびっくりしてしまうというようなことがあるのです。
そのようにして事故を起こすということがありますので、特に注意をして走りたい場所となっているわけなのです。