運転中は不思議な現象が起きて、交通事故が起きるという事はよくあることです。
特に、顕著なのが夜間の運転でしょう。
夜間は交通事故も起きやすくなる上に不思議な現象も起こりやすくなるのです。

 

夜間では不思議な現象がたくさんあります。
例えば、歩行中の歩行者が偶然、対向車とのヘッドライトとこちらのヘッドライトで照らし合わされて一時的に見えなくなる現象があります。pet01_l
これを蒸発減少と呼び、夜間の事故でもかなり大きな原因を占める現象です。
こういった事故では歩行者そのものが見えにくくなるものですから、かなり事故の防止は難しいでしょう。
ですから、尚更夜間の運転、とくに対向車が多い所では走行速度を抑えないといけません。

 

また、このほかにも夜間はとにかく視界が狭まったり、物の認識が難しくなる時間帯です。
偶然走っていたらものを認識しないまま何かにぶつかっていたという事は良くあるかもしれません。
とにかく、夜間での事故防止を心がけるのであれば、速度をしっかりと抑えてなるべく安全運転かつ上手にヘッドライトを使う必要があります。
加害者にならないためにもしっかりと、夜間の運転は慎重に行いましょう。
特に、上記のような蒸発減少で事故を起こさないよう、入念な注意が必要となります。